MT車で取得するメリット・デメリット

MT車免許は役に立つときはあるのか

皆様もご存知の通り、MT車免許でAT車は乗れますが、AT車限定免許ではMT車は乗れません。MT車免許の大きなメリットの一つはこれであることは間違いないと思います。現代ではほとんどの車がAT車になっており、MT車はかなり減少傾向にあります。特に一般家庭用の車に関しては、一部のMT車愛好家やスポーツカー以外はほぼAT車になっているので、通常の生活ではAT車限定免許で問題はないでしょう。MT車免許が役に立つとき、それは仕事で使用することが比較的多いということです。AT車に変わっている車もありますが、バスやトラックなどはMT車がまだ多く使われていると思います。そういった仕事で乗る車がAT車限定では乗れない車の時はMT車免許が役に立ちます。

MT車免許は取得するのが難しい

MT車免許とAT車限定免許のどちらを取得しようかで悩まれている方もいるかもしれませんが、MT車免許のデメリットの一つは免許を取るのが難しい事です。AT車は両手でハンドル、右足でアクセルとブレーキで運転しますが、MT車は右手でハンドル、左手でギアチェンジ、右足でアクセルとブレーキ、左足でクラッチと両手・両足が全て別々の役割があり、動きも違います。そして一番怖いのがエンストです。エンストはAT車にはないので、これだけでもMT車はAT車に比べて大変です。
乗りたい車がMT車だから、車が好きだから、いざという時の為にという方はMT車免許、こだわりがない方や仕事でMT車に乗る必要のない方はAT車限定免許で全く問題ありません。