自動車学校に通う場合

自動車学校に通うプランと合宿プランの違いは

自動車学校に通うプランと合宿プランの最大の違いはその教習期間でしょう。自動車学校に通う場合はある程度自分のスケジュールに合わせてカリキュラムを組むため、早くても1か月程度からそれ以上の期間自動車学校に通う必要があります。しかし、合宿の場合は2週間から3週間の間に必要な教習が詰め込まれているので卒業まで1か月かかりません。また、費用も合宿プランの方が10万円ほど安くなるなどの利点があります。
しかし、合宿プランは3週間ほどのまとまった時間が必要になることや、合宿なのでどこか遠くの場所まで教習の間下宿しないといけないという不便があります。その点では、自動車学校に通うプランは柔軟に予定を立てることができ、学生生活や仕事との両立が図りやすいというメリットがあります。

自動車学校に通うプランで気を付けたいこと

自動車学校に通うプランは何よりも自由度があるという点があります。そのため、余裕をもって教習を進められる反面、自身でしっかりとスケジュールを管理しないといけないという注意があります。自動車学校は入学したら、この日までには卒業しないといけないというタイムリミットが設けられます。余裕をもって進めることはできますが、それらの期限をしっかり守れないと卒業ができなくなるという危険もあります。また、必ずしも短期的に教習内容を詰め込むわけではないので、ブランクが発生して思わぬところで足踏みしたりすることもあります。その点を含めても、しっかりとスケジューリングができないと痛い目を見るという可能性が高いので気を付けましょう。