AT車で取得するメリット・デメリット

操作が簡単で楽!AT車

車の免許を取得して初めて車を選ぶ時、AT車かMT車のどちらを選べば良いか、迷いますよね?初心者の場合はAT車を選ぶ傾向がありますが、AT車のメリットとしてはやはり、足元で操作を行うクラッチ操作が不要なので、運転が楽、ということが挙げられます。
また、ギアを変速する操作も不要なため、エンストを起こす心配が無いというメリットもあります。さらに、エンジンがアイドリング状態の時に、パーキングやニュートラル以外の位置にギアが設定されている場合、クリープ現象というものが起こります。これは、アクセルを踏んでいなくてもゆっくりと車が動く現象のことで、坂道などで発進しても下がりにくく、駐車時はブレーキ操作に集中することができます。
デメリットは、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる急発進の可能性や、自分で車の操作をしている感じが無いこと、などです。

複雑な運転が楽しい!MT車

MT車のメリットとしては、AT車よりも車の価格が安いことがあり、車の内部構造が単純ですのでそれぞれのパーツの寿命が長く、故障もしにくいということが挙げられます。また、クラッチ操作が必要なため、ブレーキとアクセルを踏み間違えても急発進をする可能性が低く、安全です。
何より、自分の選択肢で操作を行うので、車を操作している感じが強く、運転が好きな方には堪らない仕様の車と言えます。
ですが、逆に運転者の手動でギアチェンジやクラッチ操作を行うので、運転としてはやや複雑な構造となっており、簡単には操作の技術を得られないというデメリットもあります。また、操作を間違えるとエンストを起こしてしまいます。
どちらを選べば良いか、車の運転の好きさ加減もありますが、安全第一を考えて選んでみてはいかがでしょうか。